【動画】顔面にスパイク&連続パンチ!ウズベキスタン代表のU-22韓国代表選手へのラフプレーがひどい

U-22ウズベキスタン代表選手のU-22韓国代表選手に対するラフプレーがひどすぎると話題になっているようです。サッカーキングが伝えています。




スポンサードリンク







話題になっているのは、タイで行われているキングスカップ2015のU-22韓国代表とウズベキスタン代表の試合でのシーン。


20番カン・サンウが顔面をスパイクで蹴られる痛々しい一撃を喰らうと・・・





さらに2番のDFシム・サンミンはサイドで競り合った相手選手に顔面パンチを3発もモロに!








これは酷い・・・ここまで来ると格闘技(´・ω・`)


記事によればウズベキスタンは2人が退場になったとのことで、試合は韓国代表が1-0で勝利したようです。





スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ