【動画】プロレスのリングに上がった元ドイツ代表GKヴィーゼの肉体がヤバい

ヴェルダー・ブレーメンやホッフェンハイムなどでプレーした元ドイツ代表GKティム・ヴィーゼが元サッカー選手とは思えない肉体美を披露し話題になっているようです。





スポンサードリンク





サッカーキングの記事によれば、ヴィーゼはフランクフルトで開催されたアメリカプロレス団体「WWE」の試合で公式タイムキーパーを務め、試合後にはリングに上がり自慢の肉体美を披露したようです。


その様子がこちら。



筋肉ヤバすぎ(*゚∀゚)っ




以前からハルクのような肉体が話題になっていましたが、ここまでとは・・・(゚д゚)



なんでも、当初はトライアウト生として試合出場を予定していたヴィーゼは、1月まで所属していたホッフェンハイムとの契約の関係でデビューはお預けになったとか。しかし、今後もトレーニングを続けプロレスデビューを目指すとのことなので、近いうちにプロレスラーとしてのヴィーゼを観られることになりそうです(*゚∀゚)っ








スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ