【小ネタ】これぞ”珍”プレー?代表復帰果たしたスアレス、尿意に耐えられず試合中にトイレへ(動画あり)

10月10日にサウジアラビア代表との国際親善試合を行ったウルグアイ代表。



この試合では、ブラジル・ワールドカップで噛みつき事件を起こしFIFAより4か月間のサッカー活動禁止の処分を受けていたバルセロナFWルイス・スアレスがついに復帰を果たし(親善試合のため出場可、公式戦出場は10月25日に解禁)注目を浴びました。



そんなスアレスですが、記念すべき復帰戦で何とも珍しいシーンを演じてしまったようです。フットボールチャンネルが伝えています。




スポンサードリンク






記事によれば、サウジアラビア戦に先発出場したスアレスは試合途中、尿意を我慢できずに審判に許可を取ってピッチを後にし、トイレへ向かったのです。





トイレだけに”珍”プレー?(ノ∀`)



“噛みつき男”として完全にネタキャラが定着した感があるスアレス君が、記念すべき復帰戦でいきなり何とも珍しい場面を提供してくれました。


普通は試合中にピッチを出たらイエローカードを受けると思うんですが、親善試合という事で審判も許したんでしょうね・・・漏らされるよりはマシかw


ちなみにスアレスはボレーシュートで相手オウンゴールを誘発するなどいきなりの活躍を見せ、試合後には自身のTwitterで「幸せをたくさんくれるこのユニフォームを着られてハッピー。このユニフォームへの愛が無くなることはない。ウルグアイ!(※)」とつぶやいておりました(*゚∀゚)っ


※訳はフットボールチャンネルの記事より引用。



ちなみに試合は1‐1の引き分けに終わっています。


サウジアラビア代表vsウルグアイ代表 試合ハイライト





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ