【いい話】脳腫瘍摘出のファンを想い…C.ロナウドが新しい髪型にした理由が素敵だった

※(追記 6/27)この噂は作り話だった可能性が高そうです。詳しくはこちら


22日に行われたアメリカとのグループステージ第2戦、新たなヘアスタイルで登場したクリスティアーノ・ロナウド。



サイドに剃り込みを入れた斬新なヘアスタイルは一部では今大会のワーストの髪型とも言われていたロナウドですが、その新しい髪型にした理由は何と、自らが手術費用を負担してあげたファンの赤ちゃんのためを想っての行為だったと言われているようです。イギリス紙『インデペンデント』電子版などが伝えています。


スポンサードリンク







記事によると、実はロナウドは今年3月、一日に30回もの発作を伴う皮質形成異常症という病気に苦しんでいた10か月の赤ちゃん、エリック・オルティス・クルス君のため、脳の腫瘍を摘出する手術費用を負担していたと報じられており、今回新たに髪に剃り込みを入れた理由は、手術後にエリック君の頭に残った傷跡と同じ形にしたかったためだったと言われています。


ちなみにインデペンデントの記事によれば、エリック君の家族は当初、手術費用ねん出のためにロナウドにサイン入りのスパイクとユニフォームの提供をお願いしたところ、ロナウドはスパイクとユニフォームはもちろん、手術費用に必要な額の小切手を家族に送っていたそう。ちなみに手術費用は6万ユーロ(約830万円)で、手術後の治療に毎回6000ユーロ(約83万円)ほど要したとか。



ronaldo pay 60000 euro for brain operation
ソース: Cristiano Ronaldo pays €60,000 for brain operation for 10-month-old boy – European – Football – The Independent



ロナウドが相変わらずイケメンすぎる 。・゚・(ノД`)・゚・。



以前からたびたびこのような感動エピソードを取り上げていますが、またもロナウドが素敵な行動に出てくれたようです。


ロナウドは過去には自らのゴールで昏睡状態から目覚めたファンの少年をスタジアムに招待したこともありましたし、いかに彼がファン想いなのかが伝わってきますね。


髪型つながりで言えば、以前同じレアル・マドリード所属のFWアルバロ・モラタがガン治療の副作用で髪が伸ばせないファンの少年たちと同じ髪型にするために丸刈りにしたエピソードもありました。


なお、この髪型にした理由について本人のコメントなどはまだ報じられていないので、あくまでも憶測の域を抜けませんが、それが事実なら何とも素敵な理由という事になりそうです。


ロナウドはやはりプレーだけでなく振る舞いもスター選手のお手本のような存在と言えそうです( ゚∀゚)






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ