【CL小ネタ】リヴァプール戦1得点のC.ロナウド、主審のジャッジミスにも余裕のスマイル(動画あり)

10月22日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第3節、グループBではリヴァプールとレアル・マドリードが対戦し、アウェーのレアル・マドリードが3点を奪い快勝しました。



前回王者が敵地で力の差を見せつける結果となりましたが、この試合で先制ゴールを挙げたクリスティアーノ・ロナウドがちょっとおちゃめな一面を見せる場面もありました。


スポンサードリンク






それが前半28分のこのシーン。






バイタルエリアでボールを受けたロナウドがシュートがスライディングに来たスティーヴン・ジェラードを交わしてシュート。ボールはわずかにポスト右に外れたものの、ロナウドはジェラードの足に当たったとコーナーキックを主張します。しかし主審の判定はゴールキックに。


するとロナウドは主審に向かって両手を合わせ“I swear! (誓ってもいい!絶対コーナーだよ)”とこのリアクション。





最終的にゴールキックの判定になったものの、ロナウドは余裕のこのスマイル。何とも可愛らしい笑顔を見せたのでした(*゚∀゚)っ


なお、この試合でもゴールを決めたロナウドはこれで今シーズンの公式戦に出場した13試合すべてで得点を記録。今シーズンの総得点もすでに20に伸ばしています。バケモンですわ(゚д゚)


リヴァプールvsレアル・マドリード 試合ハイライト





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ