【衝撃】ルーマニアで選手が主審の顔に強烈な頭突きをお見舞い→主審は鼻を骨折

ルーマニア下部リーグの試合にて、選手が頭突きで主審の鼻を骨折させるという衝撃的なシーンがあったと話題になっています。



スポンサードリンク










事件が起きたのは、ルーマニア下部リーグのSemenicul Văliug vs Minerul Aninaの試合。紫のユニフォームの10番の選手がファールを犯したという判定で、主審は退場を言い渡すためレッドカードを手に選手の元へ駆け寄ってきます。

すると、主審の判定に憤慨したのか、選手は主審に向かって勢いよく近づいていくと・・・






何と主審の顔面めがけて強烈な頭突きをお見舞い!

見るだけでも痛々しい衝撃の暴力的な行為を受けた主審はピッチに倒れ込みますが、プロの意地を見せてすぐに立ち上がり、選手に退場を宣告。

ちなみに主審の鼻は骨折していたようで、すぐに応急処置を受けに行ったとのこと。


これはいかんですな・・・Σ(°д°lll)



正直、主審のファールの判定は不可解なもので、最初のファールの時点でレッドカードを用意していたことに選手が怒るのも無理はないと思いますが、さすがに手を出しちゃアカンですよ・・・手じゃなくて頭ですけど。

主審も災難でしたね(´・ω・`)





スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ