【動画】代表GK西川周作のパントキック&フィードが凄すぎる…国内トップクラスの精度

ブラジルW杯の中断期間に入る前の最後の試合となったJ1第14節、ホームでセレッソ大阪に完封勝ちし5戦負けなしの2連勝を飾った浦和レッズ。


この試合でも浦和レッズのゴールマウスを守ったGK西川周作は、この試合を無失点に抑え、実に5試合連続の完封を達成しました。



そんな西川周作は、以前も記事にしたように、そのパントキックの精度が素晴らしいと話題になっていましたが、改めてそのキック精度の高さが分かる動画を見つけたので紹介したいと思います。



スポンサードリンク







まずはこちら。



これは西川がサンフレッチェ広島に所属していた昨シーズンのJ1第12節vsヴァンフォーレ甲府のワンシーンですが、何と自陣ペナルティエリアからの一本のフィードでFW佐藤寿人がシュートまで持ち込みました。

続いてこちら。



こちらは以前の記事でも紹介した、今シーズンのJ1第3節vsサンフレッチェ広島でのパントキック。物凄い弾道を描いて味方へフィードしています。


そして昨年4月に行われた代表の国内合宿でのキック練習の様子がこちら。




手前が現サガン鳥栖のGK林彰洋で、奥が西川ですが、林と比べてもミスがほとんどなく、精度の高いキックを披露しています。


惚れ惚れするほどの美しいキック!(*゚∀゚)っ


こうやってまとめてみてみると、やはり西川のキック精度の高さがどれほどのものかよーく分かりますね。間違いなく国内トップクラスの精度を誇ると言っていいでしょう!


ちなみに、キック精度だけでなく、バックラインからのビルドアップと足元の技術にも定評がある西川はこんなプレーも軽々。






そんな西川はブラジルW杯の日本代表メンバーにも選出されており、またブラジルW杯では自分が試合で活躍しているイメージがはっきりできていると語っています。



現在のレギュラーとされている川島永嗣を押しのけ、ブラジルの地でGK西川周作が日本の躍進に貢献できるのか注目です!



追記(10/10)



西川はJ1第17節の鹿島アントラーズ戦、そして第20節のサンフレッチェ広島戦でも凄まじい精度のキックを魅せておりました(*゚∀゚)っ









さらに9月の第23節清水エスパルス戦では右足でこの素晴らしいフィード!





さすがです(*゚∀゚)っ




スポンサードリンク





↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

4 Responses to “【動画】代表GK西川周作のパントキック&フィードが凄すぎる…国内トップクラスの精度”

  1. gk より:

    さすが、西川周作これ僕も、マネして選手になります。

  2. GK より:

    うますぎる。ゴールキックどうやってけるのですか。

  3. rrr より:

    がんばれ

  4. サッカーボール より:

    ヤバい!!俺も、あーいうキックして〜(涙)
    西川周作様ーーーーーーー

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ