【画像】澤穂希にスライディングで削られた猶本光、思わず涙も試合後には笑顔で抱擁

16日になでしこリーグのエキサイティングシリーズ上位リーグの第9節、浦和レッズレディースvsINAC神戸の試合が行われ、試合はスコアレスドローに終わりました。5年ぶりの優勝に王手をかけていた浦和でしたが、引き分けで勝ち点を1積み上げるのに留まり、2位の日テレベレーザが勝利したため優勝は24日に行われる最終節に持ち越しとなったようです。


この試合中、浦和レディースのMF猶本光が神戸MF澤穂希と激しく接触し、右ひざを痛めて負傷交代するシーンがありました。


スポンサードリンク






前半25分、澤穂希が猶本光への厳しいスライディング。

sawa challenge on naomoto

sawa challenge on naomoto2


この接触プレーで右ひざを痛めた猶本は負傷交代。優勝が懸かった試合で負傷離脱を余儀なくされたことを悔しく思ったのか、思わず涙があふれ出ました。






負傷の状況が心配された猶本ですが、交代後もロッカールームに引き下がることはなくベンチで観戦。試合後には澤と抱擁を交わすなど、深刻な怪我ではなさそうです。






なでしこリーグはなかなか観る機会がなかったのですが、昨季まで3連覇と圧倒的だったINACがレギュラーシリーズで5位、エキサイティング上位シリーズでも6位に沈んでいるとは・・・時代は変わってるんだなーと(*゚∀゚)っ



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ