【J小ネタ】浦和FWマルシオ・リシャルデス(173歳)、出身:アルビレックス新潟

9月23日に開催されたJリーグディビジョン1の第25節、アルビレックス新潟vs浦和レッズの中継にて思わず目を疑うようなテロップが出ていたと話題になっています。



スポンサードリンク







アウェーの浦和レッズが前半の興梠慎三、森脇良太のゴールで2点をリードし迎えた後半37分、浦和はMF柏木陽介に代えてMFマルシオ・リシャルデスを投入。するとスカパー!の中継での選手紹介のテロップがスゴいことに・・・


MF 10 マルシオ・リシャルデス 173歳




ベテランの域超えてますやん(゚д゚)




しかもよくよく見ると、前所属の欄が空欄になっており、出身が「アルビレックス新潟」に・・・ これもアカン(ノ∀`)


ちなみに過去にもスカパー!中継では同じようなことが。




ヨン・ア・ピンさん長生きすぎ(*゚∀゚)っ




ちなみになぜこのようなミスが二度も起きてしまったのか、ドメサカブログさんがその謎を解明してくれていましたよ(*゚∀゚)っ



試合はそのままアウェーの浦和が2-0で勝利しています。


試合ハイライト





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ