【悲報】マラドーナ、試合終盤にスタジアムを後にしメッシのゴールを見逃す→疫病神扱いされ”Fuck You”

21日のグループFの第2節、イランの堅守に苦しみながらエースのメッシの2試合連続となる劇的な決勝弾で決勝トーナメント進出を決めたアルゼンチン代表。



この試合をスタンドで観戦していたのが、「神の手ゴール」「伝説の5人抜き」で1986年の母国のワールドカップ制覇に貢献した英雄、ディエゴ・マラドーナさん。



母国の試合を娘と共にスタンドで観戦していたマラドーナさんですが、どうやらメッシの決勝ゴールの前にスタジアムを後にしていたようです。サッカーキングが伝えています。



スポンサードリンク







記事によれば、娘のジャンニーナさんと共にスタンドで観戦していたマラドーナさんでしたが、試合終了前に退席してしまったため、メッシの決勝点を見届けられなかったとのこと。


アルゼンチンの初戦、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦ではスタジアムで入場を拒否されて激怒していたマラドーナさん。この試合ではスタンド観戦したものの、自らの後継者と太鼓判を押す後輩のメッシの劇的な決勝ゴールを見逃すという、またも「持ってない」ぶりを発揮してしまいましたね (ノ∀`)





さらにこの事実を受けて、アルゼンチンサッカー協会会長の息子から「疫病神」扱いされたというマラドーナさんは自身のTV番組に出演し反撃していたようで・・・



公共の電波で中指立てて”Fuck You” (ノ∀`)



さすが、いくつになってもマラドーナはマラドーナでした(^q^)


試合ハイライト





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ