【小ネタ】好セーブ連発のバイエルンGKノイアー、CKの際のポジショニングが話題に


11月5日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第4節、グループEのバイエルン・ミュンヘンはホームでASローマと対戦。フランク・リベリーとマリオ・ゲッツェのゴールで2-0で勝利したバイエルンが4連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めました。




この試合、好セーブを連発したバイエルンGKマヌエル・ノイアーはクリーンシートを記録。後半途中には連続スーパーセーブを見せるなど、世界最高峰の実力をいかんなく発揮しました。





そんなノイアーと言えば、時にはリベロかと思うほどに攻撃参加が好きなことで知られていますが、今回の試合中でもそのポジション取りが話題になっていたようで・・・


スポンサードリンク






それがこちら。




自チームのコーナーキックの際に、何と大胆にもハーフウェーライン付近にポジションを取っていたノイアー。いくらカウンターの可能性が薄いとはいえ、さすがにこれは上がりすぎでは?


なお、ノイアーのこのポジショニングはこれまでも確認できていたようで、これは監督のペップことグアルディオラの指示通りだったという”ネタ”まであるようです。




試合ハイライト







スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ