【小ネタ】試合中に見事なバレーのスパイクを決めるアーセナルDFコシールニー

9月16日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第1節。グループDではボルシア・ドルトムントがアーセナルと激突。


試合は内容でも圧倒したホームのドルトムントがチーロ・インモービレ、ピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで2-0で勝利しましたが、試合中にちょっと珍しいシーンがあったと話題になっています。


スポンサードリンク






それが前半17分のこのシーン。ドルトムントの後方からのフィードに対し、アーセナルのフランス代表DFローラン・コシールニーがドルトムントFWインモービレと競り合ったところ・・・




ジャンプ一番、高く飛び上がったコシールニーは、何を思ったか、バレーボール選手顔負けのスパイクを披露!




コシさん、それ競技間違えてます(´・ω・`)




ハンドの反則を取られてもおかしくないプレーでしたが、主審はインモービレのプッシングのファールを取ったためコシールニーはお咎めなしとなりました。


ハイボールの競り合いで誤ってボールを手で触れてしまう事は稀にありますが、ものの見事にスパイクを決めてしまうという何とも珍しいシーンでしたヽ(゚ω゚ )


試合ハイライト





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ