【動画】フェライニがまた危険なタックルで相手に肘打ち!アレンは鼻から流血もファールなし

11月16日に行われたUEFA EURO2016予選のグループリーグ第4節、グループBのベルギー代表はホームでウェールズ代表と対戦。試合はスコアレスドローに終わりました。



この試合でのベルギー代表MFマルアン・フェライニのジョー・アレンに対するラフプレーがひどいと話題になっています。


スポンサードリンク






それがこのシーン。



別角度



危険すぎる・・・



フェライニは中盤でボールを持ったアレンに対し激しいタックルに行くと、右ひじがアレンの顔面を強打!この接触でアレンは鼻から流血する事態に。





しかし驚くべきことにこのプレーに対してイエローカードはおろか、ファールすら無し。フェライニはこのプレーで明らかに肘を立ててタックルに行っており、肘打ちも意図した危険なプレーとしてレッドカードでもおかしくないシーンだったと思うんですが・・・




先日のシティとのマンチェスター・ダービーでもアグエロに対してつば吐き疑惑が浮上したり、昨シーズンの同じマンチェスター・ダービーでもサバレタに肘打ちを喰らわせるなど、前科も含めダーティーなイメージの強いフェライニ。それだけに今回もわざとだったんじゃないかと疑ってしまいたくなるプレーでした。




試合ハイライト








スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ