【ちょっといい話】ネイマールがいい人すぎる件…足に障害を持つファンの少年の手紙に思わず涙

ワールドカップ本番に向けて国内で合宿を行っているブラジル代表ですが、木曜日に行われた練習中にちょっとした感動シーンがあったようです。



スポンサードリンク







大会本番に向けて28日からリオデジャネイロ近郊の合宿地テレソポリスで国内合宿を行っているブラジル代表メンバー。

5月29日木曜日のトレーニングに、ブラジルのTVパーソナリティであるルチアーノ・ハック氏がブラジル代表チームのファンである17歳のレオナルド・マルケス・トーメ(Leonardo Marques Tome)君を招待し、選手たちとの交流を図りました。

車いすで登場したレオナルド君は先天性多発性関節拘縮症という病気に苦しんでおり、自由に歩くことが出来ないようで、レオナルド君がピッチに現れると、ブラジル代表選手たちはレオナルド君の近くに輪になって集まり、彼が自身の人生とサッカーへの愛情を綴った手紙を読むのを熱心に聞き入ったそうです。


その手紙を聞いたネイマールは思わず涙を流していたそう。



ネイマールええやつやな・・・ (ノ∀`)


思わず目に熱いものがこみ上げてしまったというネイマールですが、サッカーがしたくても出来ない17歳のレオナルド君の心境に感情移入したのかもしれませんね。




ちなみにトレーニング終了後、この人も相変わらずの良い人っぷりを見せてくれていました。





ワールドカップ本番では、レオナルド君の応援に後押しされて大活躍するネイマールの姿に期待ですね(*゚∀゚)っ




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ