【動画】ボカ・ジュニアーズU-15のキャプテンの試合前の熱すぎる演説が泣ける「家族のために、このチームのために戦うんだ」

2年前の映像のようですが、アルゼンチンの名門クラブ、ボカ・ジュニアーズのU-15チームのキャプテンが試合前にチームメイトに語りかけるスピーチが泣けると話題になっているようです。



スポンサードリンク






話題になっているのは、2012年11月のボカ・ジュニアーズの7軍に当たるU-15チーム、カサ・アマリージャの試合前のロッカールームの様子。その映像がこちら。






キャプテンを務める少年がチームメイトを鼓舞するために話し始めるのですが、その内容が何とも熱すぎるもの。


今日の試合を迎えるまでの一年間の間にどれだけハードなトレーニングを行ってきたのか。強化合宿でいかに辛いトレーニングを乗り越えてきたか。そして今自分たちがここにいるのは、これまでに支えてきてくれた家族の存在があるということ。


熱く語りかけ、最後は自らを想ってくれる妹のエピソードに涙しながら、チームメイトと共に試合で全力を尽くすことを誓いました。


キャプテンという立場とは言え、ユース年代の選手がこれだけチームの士気を上げられることは素直にスゴいことだと感じましたね・・・特に妹が22ペソくれたエピソードなんかは聞いていて思わず涙腺が緩みそうになりました 。・゚・(ノД`)・゚・。


アギーレジャパンの初戦は戦う気持ちが見られなかったという指摘もあるようですが、代表チームも国民の期待という大きなものを背負っているだけに、このキャプテンを見習って9日のベネズエラ戦では熱く戦ってほしいですねヽ(゚ω゚ )



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ