【動画】またも心無いファンが…イタリア代表FWバロテッリが練習中に人種差別被害、警察も出動

またもサッカー界のネガティブな報道がありました。

イタリア代表のトレーニングに参加していたACミランのマリオ・バロテッリが人種差別被害を受け、警察が出動する事態になっていたようです。Football Web Magazine 『Qoly』さんが伝えています。


スポンサードリンク









フィレンツェにあるナショナルトレーニングセンター「コヴェルチャーノ」の練習場でトレーニングを行っていたイタリア代表チーム。そのトレーニングの中でバロテッリがランニングをしていると、心無いファンたちが人種差別的な発言を繰り返しバロテッリに浴びせたようで、これを受けてバロテッリは何かを言って反撃。その後、警察が出動する事態となっていたようです。

動画も見つけたので紹介しておきます。




バロテッリはチームメイトに「こんな事が起こるのはローマとフィレンツェだけだ」とこぼしていたとか。


以前も自宅前で警察官に身分証明を求められたり、最近では空き巣被害に遭って愛車のポルシェや時計を盗まれたりと、トラブル続きだったバロテッリですが、再び残念なニュースとなってしまいました。

さらに4月のダニエウ・アウヴェスのバナナ事件があってからはサッカー界での人種差別問題が話題になっていたものの、その後もスペインやイタリアで人種差別被害があったりと、まだまだ根深い問題であることを証明してしまうことになってしまいましたね・・・

今回の犯人たちが警察によって明らかになったのかはわかりませんが、特定されて何らかの処罰を与えてほしいですね。

イタリア代表では唯一の黒人選手という事でかなり心苦しい想いをしているんでしょうね・・・本人の心境を考えると辛いものがあります(´・ω・`)




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ