【衝撃】試合中に仲間割れ!カメルーンDFアス・エコトが味方FWに頭突きをかます(動画)

18日に行われたブラジルワールドカップのグループAの第2節、クロアチア戦で0-4と大敗を喫し、2連敗でグループリーグ敗退が決定してしまったカメルーン代表。



大量4失点での敗退となったカメルーンですが、敗戦濃厚となったこの試合の終盤にDFベヌワ=アス・エコトがチームメイトに頭突きを食らわせるという衝撃的なシーンもありました。



スポンサードリンク






その様子がこちら。




予備動画



左サイドバックとしてフル出場したアス・エコトは後半45分、チームメイトであるFWベンジャミン・ムカンジョに食って掛かると、顔に向かって頭突きをお見舞い。

幸いカードは出なかったものの、退場処分になってもおかしくない愚行に出たアス・エコト。かつてJリーグの浦和レッズを率いたカメルーン代表監督のフォルカー・フィンケ氏も、この愚かな行為を「理解できない」とコメントしています。





これはアカンですわ・・・そりゃあ仲間割れしてちゃ勝てんわな(´・ω・`)



これは愚かな行為と言わざるを得ませんね・・・前半40分にもアレクサンドル・ソングがマンジュキッチの背中を殴って一発退場となり数的不利になっていたこともあってか、イライラが募っていた状況で言い合いになり、カッとなってしまったんでしょうか。




ソングの退場シーン





この頭突きの理由はアス・エコト本人にしか分からないと思いますが、その直前のプレーでムカンジョがボールを要求していたアス・エコトにパスをしなかったシーンがあったので、そこで言い合いになったかもしれませんね。




カメルーン代表は大会前にもボーナスを巡ってブラジルへの出発を拒否したりと、何かとトラブルが絶えなかったようで、今回の試合でも大量失点して苛立ちを見せた選手たちが信じられない場面を見せてしまうことになりました。まさに内部崩壊といえる形で敗退が決まるのは何とも後味が悪いですね・・・








スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ