【動画】香川真司、エリア内で胸トラップからの反転スーパーボレー弾!2G1Aの活躍でシリアに大勝

ロシアW杯アジア2次予選の最終戦、日本代表vsシリア代表の試合で香川真司がスーパーボレー弾含む2ゴール1アシストの活躍を見せました。




スポンサードリンク







すでに最終予選進出を決めている日本代表は先日のアフガニスタン戦でベンチスタートだった香川真司、本田圭佑、宇佐美貴史らを先発で起用。前半17分、左サイドのショートコーナーから香川が送った鋭いクロスが相手のオウンゴールを誘い先制します。




その後は見事なパスワークから何度も相手を崩すも決定力を欠き、得点のない時間が続いた日本代表。しかし後半21分に日本の10番が魅せます。


エリア内で浮き上がったボールに本田が反応し浮き球を中央に送ると、パスを受けた香川が胸トラップから反転!





振り向きざまの難しい左足のボレーシュートをゴール右隅に突き刺すスーパーゴール!待望の2点目を挙げます。


これで勢いに乗った日本は後半41分にも香川のクロスから本田が頭で合わせ、W杯予選6試合連続となるゴールで3点目を奪うと、



さらに香川のこの日2点目となるゴールが決まり4-0。香川はこれで代表通算ゴール数を25としています。



後半アディショナルタイムにも原口元気が5点目を奪い、5-0で圧勝。2次予選最終戦を圧勝で終えました。



試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ