【動画】ブルガリア戦の香川真司の鮮やかターンからのゴールが美しい

キリンカップサッカー2016準決勝、日本代表vsブルガリア代表の試合でMF香川真司が2ゴールの活躍を見せました。



スポンサードリンク







先発した香川は1-0でリードした前半27分、長友のクロスからヘディングでチーム2点目のゴールを挙げます。



そして圧巻だったのが前半35分のこのシーン。柏木陽介のボールに抜け出した岡崎慎司が前線でボールキープすると、上がってきた小林悠にバックパス。これを受けた小林が中央にグラウンダーの速いボールを送ると、清武弘嗣が絶妙なスルー!







これに反応した香川が華麗な反転ターンから左足でシュートをネットに突き刺し、鮮やかな連携からのスーパーゴールを生んだのでした。


清武のDFを釣りだしたスルーもお見事。


前半終了間際に腰を痛め途中交代したのが気になるところですが、調子の良さを見せてくれた香川。決勝での活躍も期待したいところです。


試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ