【動画】ウッチー決勝弾!日本がW杯前国内最終戦でキプロスに1-0勝利…大久保も約2年ぶり出場で惜しいシュート

5月27日に行われたキリンチャレンジカップ2014の日本代表vsキプロス代表の試合は、太ももの怪我から4か月ぶりに実戦復帰したDF内田篤人のゴールで日本代表が1-0で勝利しました。

また、大久保嘉人も途中出場し、代表選では2年3か月ぶりにプレーしています。



スポンサードリンク






※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

日本 1 – 0 キプロス


得点者: 

前半43分 内田篤人[日本]



試合ハイライト





※ハイライトは随時追加します


ウッチーが4か月ぶり実戦で決勝ゴール!



ブラジルW杯本大会に向け、大会まで3試合の親善試合を予定しているザックジャパンが、W杯前の国内最終戦となる壮行試合に挑みました。

グループリーグ第2戦の相手であるギリシャを想定して対戦したキプロス代表は、FIFAランキングこそ130位と格下ながら、堅い守備とカウンターアタックというヨーロッパの伝統的なスタイルでなかなか日本にゴールを割らせてくれませんでした。

終始攻め立てた日本でしたが、結局終わってみれば得点は前半終了間際に混戦から決めた内田篤人のゴールのみ。

国内最後の壮行試合を飾るには少し物足りない気もしますが、個人的に感じるこの試合の意味は別に大勝することでも点を取ることでもなく、まずは怪我せずに終えられること、そして選手たちのコンディション調整だと思ってるので、そこまで悲観しなくてもいいかなと。

実際、キプロスの対人のディフェンスはなかなかのものだったと思いますし、あれだけ引いて守られたらどんな強豪国でもなかなか崩せないでしょうしね。


前半に17番にウッチーが後ろからスライディングかまされたシーンだけヒヤッとしましたが、それ以外は特に怪我が危ぶまれるようなラフプレーもなかったので良かったですねヽ(゚ω゚ )


個人的に盛り上がったのは後半13分に投入された大久保嘉人の交代シーン




実に2年3か月ぶりの代表でのプレーとなりましたが、連係不足など微塵も感じさせない動きで、あわやゴールかと言うミドルシュートも放っていました。



これでいよいよ本番モードに入って行くブラジルW杯。開幕まであと19日ですが、もう待ちきれませんな(*゚∀゚)っ



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ