日本サッカー協会、アギーレ監督の契約解除を発表!わずか半年で解任「とても幸せでした」…後任は?

日本サッカー協会は3日、八百長疑惑をかけられていたサッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督の契約解除を発表しました。2014年8月に就任してからわずか半年間での解任劇となりました。



スポンサードリンク







報道によれば、今回の契約解除の理由は1月30日に八百長疑惑に関する告発状がスペイン・バレンシア裁判所に受理されたこと。取調べ等のために代表の活動に支障が出ると判断されたとのことです。




アギーレ監督は契約解除を受けて以下のようにコメントしています(朝日新聞の記事より引用)。


「日本で仕事ができたことはとても幸せでした。日本のサポーターの皆様の応援に感謝しています。日本代表チームの将来に幸運を祈っています。」




やっぱりか・・・という感じも否めませんが、個人的には残念なニュース。アジアカップでは準々決勝敗退に終わったものの、試合運びやチームとしての完成度はザックジャパンよりもアギーレジャパンのほうが高かったように感じましたし、試合を重ねるごとに「戦えるチーム」になっていった印象があったので・・・


気になるのはサッカー協会がどう責任を取るのかと言う点と、後任監督には誰が就くのか、と言う点。


後任についてのアンケートではどうやら元名古屋グランパス監督の”ピクシー”ことドラガン・ストイコビッチ氏が一番人気のようですが・・・。




誰が後任に就こうと、代表チームを戦える集団、ワールドカップで勝てる集団に変えてくれる人を期待したいものです。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ