【速報】日本、本田の2大会連続先制ゴールも悔しい逆転負け…ドログバ投入から流れ一変(ハイライト動画)

6月14日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第1節が行われ、グループCではコートジボワール代表vs日本代表の試合が行われました!


スポンサードリンク






本田、香川、長友、長谷部らがスタメン



いよいよ大事な大事な初戦を迎えた日本代表は、スタメンに本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、長友佑都らを選出。また、ボランチに負傷が心配されていた長谷部誠が入り、ワントップは大迫勇也、CBに吉田麻也と森重真人のコンビが入りました。

一方のコートジボワールはエースFWドログバがベンチスタート。負傷離脱していたヤヤ・トゥーレが先発復帰します。



本田圭佑の先制ゴール



雨が降る中始まった試合は、立ち上がりから両チーム慎重な入り方を見せ、守備で集中を見せた両チームともになかなかシュートに持ち込めません。

そんな中、前半16分に日本のこの男がやってくれました。



予備動画



左サイドのスローインから長友がボールを受けると、エリア内の本田にパス。トラップで前を向いた本田が左足を振り抜き、待望の先制点を挙げます。

これで本田は2大会連続で日本の大会初ゴールを挙げました。



その後はコートジボワールのMFヤヤ・トゥーレ、FWジェルヴィーニョら強力な攻撃陣にゴールを脅かされるものの、CBの吉田と森重、さらにボランチの山口らが身体を張ったDFで踏ん張り、前半を1点リードで終えます。


ドログバの途中投入から直後に2失点で逆転許す



メンバー変わらず臨んだ後半、徐々に足が止まり始めた日本に対して、ジェルヴィーニョやヤヤ・トゥーレを中心にコートジボワールが攻め込みます。

ペナルティエリア内で吉田がヤヤ・トゥーレを倒したかに見えたシーンもあるなど、日本は押し込まれる展開が続くと、後半17分にコートジボワールがエースのディディエ・ドログバを投入。

すると後半19分、中盤で本田がボールを奪われると、日本の左サイドからのクロスをウィルフリード・ボニーに決められて同点に追いつかれます。




さらに直後の後半21分にも同じように日本の左サイドのクロスからジェルヴィーニョに頭で合わされ、日本は一気に逆転を許してしまいます。




大久保投入も反撃実らず



失点直後、同点ゴールを奪うため日本は大迫に代えて大久保を投入。

さらに直後には大久保を左サイド、香川をトップ下、本田をワントップにポジションチェンジし打開を図りますが、足が止まった日本は前線でボールが全くおさまらず、攻撃の形を見いだせないまま時間が過ぎていきます。

逆にカウンターからピンチを招くと、ゴール前のFKでドログバにゴールを脅かされた日本。試合終盤には相手に上手く時間を使われ、結局悔しい逆転負けを喫してしまいました。






試合結果: 

コートジボワール 2 – 1 日本


得点者: 

前半16分 本田圭佑[日本]
後半19分 ウィルフリード・ボニー[コートジボワール]
後半21分 ジェルヴィーニョ[コートジボワール]



試合ハイライト



Highlights & All Goal ~ Ivory Coast 2 ~ 1 Japan… 投稿者 y2kpasssed


ロングハイライト




日本、悔しい逆転負けで黒星スタート・・・



いよいよ迎えた日本のW杯初戦。4年間積み上げたものをぶつけるこの大舞台に挑んだザックジャパンは、本田圭佑の2大会連続となるゴールで先制したものの、足が止まった後半に一挙逆転を許し、黒星スタートとなってしまいました。

正直、今日のサッカーじゃあの強力攻撃陣を擁するコートジボワールには勝てなかったのは当然だと思います。後半は完全に足が止まってましたし、自分たちがこれまで積み上げてきたサッカーが全く見えませんでした。

特に後半のドログバの投入から一気にペースがコートジボワールに傾いたときに、ピッチ内でリーダーシップを取ってチームを鼓舞する選手が出てこなかったのも残念でしたね・・・長谷部が交代していたのもありますが、それを一人一人が出来るようになってほしいなと。交代で投入された大久保、柿谷も流れを変えるという意味では仕事が出来ませんでした。

そういう意味では、コートジボワールのドログバの存在感はやはりさすがでしたね。ピッチ内でも一人だけ別次元のプレーを見せていました。


ただ、もう負けたことは変えられないですし、まだ2試合残っています。まずは次戦のギリシャ戦、切り替えてしっかり勝ちきって、決勝トーナメント進出を果たしてほしいですねヽ(゚ω゚ )




スポンサードリンク




↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ