【代表小ネタ】ひもでつり下げた”釣り竿”ユニで本田、香川、長谷部にサインをもらうサポーターたち

14日行われたホンジュラス戦のために愛知県豊田市で国内合宿を行っていたアギーレジャパン。







豊田スタジアムでの公開練習には連日多くのサポーターたちが駆け付けていたようですが、スタンドから見学していたサポーターたちによるサインをもらうための新たな手法が確立されていたようで・・・


スポンサードリンク





メインスタンドから見学していたサポーターたちは公式練習終了後、スタンドからユニフォームとサインペンをひもでつり下げ、選手たちにサインをもらうという荒業に。





つり下げられたユニフォームを見つめる香川真司

kagawa fishing rod shirts

ソース: Yahoo!ニュース – 練習場まるで非公認ユニホームショップ!? (日刊スポーツ)





斬新すぎ(*゚∀゚)っ



この斬新な方法ですが、まるで釣りをしているかのような構図が面白いとネット上でも話題になっているようです。でも選手たちに群がってサイン攻めするよりは選手たちに配慮した方法なのかもしれません(●゚ω゚)ノ


おまけ



ユニフォームの数は日に日に増しており、ついに色紙までつり下げられるようになったようですが、その中に紛れて本田のお面まで・・・ (ノ∀`)




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ