【アジア杯】アギーレジャパン、4発快勝!初戦でパレスチナに勝利し連覇に向け白星スタート

アジアカップ2015のグループリーグ第1節が行われ、グループDでは日本代表とパレスチナ代表が対戦。試合は遠藤保仁、本田圭佑、岡崎慎司、吉田麻也のゴールで4点を奪った日本代表が4-0で快勝し白星スタートを切りました。




スポンサードリンク





※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

日本代表 4 – 0 パレスチナ代表


得点者: 

前半08分 遠藤保仁[日本代表]
前半25分 本田圭佑(PK)[日本代表]
前半43分 岡崎慎司[日本代表]
後半04分 吉田麻也[日本代表]



遠藤保仁がミドルシュートで先制ゴール






岡崎慎司が香川真司のボレーシュートにヘディングで飛び込み2点目





本田圭佑のPKによる3点目





香川真司の巧みな反転クロスから吉田麻也がヘディングで4点目




試合ハイライト





前半ロングハイライト



後半ロングハイライト




4発快勝で連覇に向けて好発進!



いよいよ連覇に向けてアジアカップ2015の初戦、パレスチナ戦に臨んだアギーレジャパン。初戦はゴールラッシュで快勝を飾り、連覇に向けて白星スタートを切りました。


前半から岡崎慎司、本田圭佑、乾貴士の3トップに加え、積極的な飛び出しを見せたインサイドハーフの遠藤保仁と香川真司が流動的にポジションチェンジを繰り返した日本代表はチャンスを多く作り出し、遠藤のミドルシュートで先制すると、香川が倒されて得たPKを本田が決め、さらに岡崎が香川のシュートにダイビングヘッドで飛び込むなど3-0で試合を折り返します。


後半は頭から乾に代えて清武弘嗣を投入。開始早々に香川のクロスから吉田麻也がヘッドで4点目を挙げましたが、その後はチャンスを作りながらも決めきれず、試合は4-0で終了。交代で入った武藤嘉紀や豊田陽平も目立った活躍は出来ず、強烈なインパクトを残すことはできませんでした。





まあそれでも過去2大会は初戦は引き分けていたことを考えると、快勝を飾れたのは良いスタートだと思いますし、ここからまたチームとしての完成度を高めていって欲しいですね。


個人的にはゴールこそなかったものの、2アシストを記録した香川の復調に期待(*゚∀゚)っ




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ