アジアカップ2015の日本代表最終登録メンバー23人が発表!清武が復帰、宇佐美、柿谷、細貝ら落選

日本サッカー協会(JFA)が15日、来年1月に開催されるAFCアジアカップオーストラリア2015の日本代表最終登録メンバー23人を発表しています。サッカーキングなど各メディアも伝えています。




スポンサードリンク






清武がメンバー入り、宇佐美・柿谷らが落選



今回の招集メンバーは以下の通り(サッカーキングの記事より引用)。



GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)

DF
長友佑都(インテル/イタリア)
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
内田篤人(シャルケ/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
塩谷司(サンフレッチェ広島)
酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)

MF
遠藤保仁(ガンバ大阪)
今野泰幸(ガンバ大阪)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)

FW
豊田陽平(サガン鳥栖)
岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
本田圭佑(ミラン/イタリア)
小林悠(川崎フロンターレ)
乾貴士(フランクフルト/ドイツ)
武藤嘉紀(FC東京)

トレーニングパートナー(国内合宿のみ参加)
GK牲川歩見(ジュビロ磐田)
DF植田直通(鹿島アントラーズ)
MF中島翔哉(FC東京)








アギーレジャパン発足以降召集されていなかったハノーファーの清武弘嗣がメンバー入り。一方、アギーレ体制で召集されてきたハノーファーの酒井宏樹、ヘルタ・ベルリンの細貝萌やバーゼルの柿谷曜一朗らが落選となり、またガンバ大阪の3冠の立役者となったことで代表待望論が囁かれる宇佐美貴史の名前もありませんでした。


個人的には清武の復帰は嬉しいですが、宇佐美は入れてほしかったというのが正直なところ。あとは前線で身体を張れて空中戦に強い豊田陽平のプレーも楽しみです。



ちなみに日本代表の有名サポーターの村上アシシさんによると、前回大会のメンバーで今回のメンバーにも選ばれた選手はこのような感じ。


ブラジルW杯からの連続選出は14人だったようです。



なお、Qolyさんによれば、このメンバーは最終決定ではなく、怪我などで入れ替えも可能とのこと。




メンバー選考には賛否両論あるようですが、これがアギーレ監督が選んだ現時点でのベストのメンバーと言う事。選出されたメンバーには連覇のために全力で戦ってきてほしいと思います(`・ω・´)




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ