【動画】守護神たちが躍動!ブラジルW杯で生まれたスーパーセーブ詰め合わせ


スポンサードリンク






サッカー王国ブラジルの地で熱狂に沸いた2014FIFAワールドカップ。




ドイツの優勝で幕を閉じた今大会では数多くのスーパーゴールが生まれたと同時に、各国の守護神たちが神がかり的なセービングを連発。


大会最多タイのゴールが決まった一方で、GKたちが過去に例を見ないほどに試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれるなど、守護神たちも躍動した大会となりました。






そんなブラジル・ワールドカップで生まれたスーパーセーブの詰め合わせ映像がこちら。







最優秀GKに輝いたドイツ代表GKマヌエル・ノイアーをはじめ、開催国ブラジルの攻撃陣を無失点に抑えて世界中の注目を浴びたメキシコ代表GKギジェルモ・オチョア、ベルギー戦でワールドカップ史上最多セーブ数16を記録したアメリカ代表GKティム・ハワード、抜群の反射神経でスーパーセーブを連発したアルジェリア代表GKライス・エムボリ、至近距離からのシュートを止めまくって同国史上初のベスト8進出に大きく貢献したコスタリカ代表GKケイロル・ナバスなどなど、今大会注目を浴びた守護神たちの珠玉のスーパーセーブが満載となっています。




また、そのほかにもナイジェリア代表GKヴィンセント・エニェアマ、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、そして日本代表GK川島永嗣も登場しますよ(*゚∀゚)っ



しっかし改めて見てもやっぱりノイアー様すごすぎるわ・・・(ノ∀`)



1998年フランス大会と並ぶ大会史上最多の171ゴール(1試合平均2.67点)が生まれたという今回のブラジル・ワールドカップですが、これだけ守護神たちが活躍していたという事を考えると本当に各国の攻撃力が爆発した面白い大会だったんだなあと思いますねヽ(゚ω゚ )




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ