【動画】アカデミー賞級の演技力?ウクライナで生まれたシミュレーションがあまりにもひどすぎると話題に

ウクライナリーグで生まれたあるシミュレーションが話題になっているようです。



スポンサードリンク







話題になっているのはウクライナ・プレミアリーグでのワンシーン。


FCメタルルフ・ドネツィクとFCカルパティ・リヴィウの一戦は1-1で後半アディショナルタイムに突入。途中出場したカルパティのMFオレクサンドゥル・ノヨク(Oleksandr Noyok)は相手選手との競り合いでピッチ上に倒れると、これでもかというほどに悶絶します。








まるで陸に投げ出された魚のようにのたうちまわるノヨクですが、笛は鳴らず。その後何事もなかったかのように立ち上がるところを見ると、明らかに主審を欺いてフリーキックを獲得しようとしていたことが分かります。


ファールをうまくもらうのもテクニックの一つかもしれませんが、ここまでくるとスポーツマンシップやモラルの問題ですな・・・(´・ω・`)



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ