【動画】コパ・リベルタドーレス杯で生まれた、FKサインプレーからの豪快ゴラッソ!

南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスで素晴らしいFKサインプレーからのゴールが生まれました。




スポンサードリンク







アルゼンチンの名門、ラシン・クラブとペルーのスポルティング・クリスタルが激突した試合で生まれたゴールがこちら。









1点ビハインドの状況でゴール前でのフリーキックの絶好のチャンスを得たラシン・クラブは、キッカーが直接狙うと思いきや、壁の横に立った味方へグラウンダーのパス。ボールを受けた選手はダイレクトでボールを落とすと、反転して走り込んだFWブリアン・フェルナンデスが豪快にけり込んでゴールを奪って見せたのでした。


よく見ると主審の腕が上がっているため、元々間接フリーキックだったようですが、相手を出し抜く見事なサインプレーからのゴラッソが生まれたのでした。


なお、この見事なゴールで追いついたラシンでしたが、試合はその後PKで勝ち越しを許し1-2で敗れています。


試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ