【動画】カカ、MLSデビュー戦で後半終了間際に劇的すぎるFK同点ゴール!ビジャもアシストを記録

3月8日、メジャーリーグサッカー(MLS)の2015年シーズンが開幕し、同リーグにそれぞれ新規参入したオーランド・シティとニューヨーク・シティFCが対戦。



両クラブへの加入が大きな話題を呼んだ両チームのキャプテン、元ブラジル代表MFカカと元スペイン代表FWダビド・ビジャも揃って先発出場を果たし、両者がいきなりゴールに絡む活躍を見せてくれました。





スポンサードリンク







記念すべき初のリーグ戦を迎えた両チーム。オーランドの本拠地シトラス・ボウルで行われた開幕戦では実に6万2千人以上ものサポーターが詰めかける盛り上がりぶりを見せ、試合前には世界的スーパースターである2人の主将が熱い抱擁を交わし、いよいよ歴史的な試合がキックオフします。




大興奮の観衆が見守る中で始まった試合は一進一退の攻防を見せます。カカが前半37分に強烈なシュートを放つなどチャンスは訪れたものの得点は奪えず、両チームスコアレスのまま後半へ。


そして迎えた後半31分、ついに均衡が破れます。左サイドのビジャがボールを中央に送ると、ボールを受けたミッケル・ディスケルドが技ありのカーブシュートでゴール。記念すべきクラブ初ゴールでニューヨーク・シティが先制します。



しかし、ドラマはここから待っていました。失点の直後に退場者を出し10人での戦いを強いられていたオーランドが、1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムにフリーキックを獲得。このチャンスでキッカーを務めるのは他の誰でもなく、カカでした。










右足で狙ったシュートは壁に当たって軌道が変わりゴールネットへ吸い込まれ、劇的すぎる同点ゴールを挙げたのでした。



スタジアムが歓喜に沸いたこの同点ゴールで試合は1-1の引き分けで終了。今シーズンのMLS、過去最高レベルにエキサイティングなシーズンになりそうです(`・ω・´)


試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ