【動画】危機一髪…FWデンバ・バ、相手DFの顔面へ足裏ハイキックで揉みあいに

先日行われた中国スーパーリーグ、広州恒大vs上海申花の試合での危険すぎるタックルが話題になっています。





スポンサードリンク







それがこちら。6月にトルコのベジクタシュから移籍してきた上海申花のセネガル代表FWデンバ・バは後方からのロングボールを足を伸ばしてコントロールしようとしたところ・・・








この右足が相手DFフェン・シャオティンの顔面に!モロにスパイクの裏、これは危ない・・・


この危険なプレーに広州恒大の選手たちがデンバ・バに詰め寄り一時両チーム入り乱れる揉みあいに。幸いシャオティンに大きなけがはなく、結局デンバ・バにはイエローカードが提示されました。





意図しているプレーではなかったように見えるとは言え、一歩間違えれば大惨事になりかねない危険なファール。



頭で競りに行く高さまで足でコントロールできる足が長さも、ある意味では不利なのかも?





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ