【動画】あり得ないPK妨害…ピッチに穴を掘って失敗を誘発した韓国人GKがセコすぎると話題に

韓国1部のKリーグクラシックでのGKによる有り得ないPK妨害がひどすぎると話題になっているようです。




スポンサードリンク







話題になっているのは、5月24日に行われた光州FCと釜山アイパークとの試合でのワンシーン。後半20分、ホームの光州(黄色)が相手のハンドでペナルティキックを獲得したシーンで、釜山(青)の選手たちが主審に詰め寄り抗議していたのですが、この時に釜山の韓国代表GKイ・ボムヨンが取った行動が・・・






主審が見えてないことをいいことに、何とボムヨンは相手のPK失敗を誘発するためにペナルティスポットの辺りの芝を足で削るようにして穴を掘るというとんでもない行動に。さりげなくやっている辺りに姑息さを感じさせます。


これに気づいた様子の光州のキッカーはスパイクでスポット周辺の芝を固めたものの、キックの踏み込みの際にはやはり芝がずれたのか、ボールは枠のはるか上を越えていき失敗。

bum young lee penalty spot


penalty miss k league classic



これが6月4日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)での動画付きで投稿され、中国ネットユーザー間では大きな話題になっていたようです。



なお、この試合は終了間際の得点でアウェーの釜山が勝利。GKボムヨンにしてみればまさにしてやったりの勝利となったようです。



試合ハイライト





追記



釜山アイパークは試合後、公式ホームページを通じて、GKイ・ボムヨンに1試合の出場停止と500万ウォンの罰金、さらに社会奉仕活動20時間の懲戒処分を下したと明らかにしています。


ソース: ‘PK 잔디 훼손’ 이범영, 9월 광주전 출전 정지 – 노컷뉴스





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ