【動画】先発フル出場で2試合連続アシストを決めた香川真司のプレーを振り返る

マンチェスター・ユナイテッドに所属する日本代表MF香川真司は4月5日に行われたプレミアリーグ第33節のアウェーのニューカッスル戦で先発フル出場を果たし、ハビエル・エルナンデスのゴールをアシストするなどチームの4-0の勝利に貢献しています。





スポンサードリンク






その香川真司のニューカッスル戦での全タッチ集がこちら。






この試合での香川はフアン・マタ、ハビエル・エルナンデスらと先発し、また前半の早い段階で負傷したアシュリー・ヤングに代わって出てきたアドナン・ヤヌザイらと小気味よいパス回しを展開し、モイーズ・ユナイテッドにしては珍しくポゼッションサッカーで得点を重ねました。香川のアシストのシーンもそうですし、4点目のヤヌザイのマタとのワンツーからのゴールなんてなかなか今季のユナイテッドでは見られない得点パターンだったと思います。


ただちょっとまだ周りに遠慮しているのか、それとも単に最善の選択肢だと思っているのか、勝負の場面でパスを選ぶことが多いような気がするんですよね。ドルトムント時代なら自分で仕掛けてシュートしていた場面もパスしてるように思えるので、もう少し積極的にゴール狙ってもいいのかな、と。


あと気になるのは、この試合にフル出場したことで水曜日のCLバイエルン戦のセカンドレグの先発落ち。まあ今の使われ方だったら後半頭からでも出てくるんだろうけど、どうせなら先発フル出場して活躍してほしいなあと思いますね・・・何にしても、香川にはこの調子で数字で結果を残してほしいと思います!


試合のハイライトはこちら







スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ