【動画】ドローに貢献し、自身の対バイエルン戦の不敗記録を伸ばした香川真司のプレーを振り返る

昨日行われたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝バイエルン・ミュンヘン戦のファーストレグ、香川真司はベンチスタートだったものの、ライアン・ギグスに代わって後半開始からピッチに入り、チームのドローに貢献しています。





スポンサードリンク






その香川真司のバイエルン戦での全タッチ集がこちら。





後半開始から入った香川は味方とうまく連携しながらボールを回し、チームにリズムと勢いをもたらしましたね。前半はバイエルンのポゼッションに圧倒されたマンUでしたが、後半に香川が入ったことでかなりボール離れが良くなり、チャンスも多く生まれていた気がします。ヴィディッチのヘディングを呼び込んだCKを獲得したのも香川が左サイドを突破したからですしね。


それにしても本当にキレッキレでしたね。今が今シーズンで一番コンディション良さそうヽ(゚ω゚ )


なお、この試合に引き分けた香川真司は、自身の対バイエルン戦の成績を4勝1分けとし、未だ負けなし(管理人調べ)バイエルンキラー香川恐るべし・・・ヽ(*´∀`)ノ



また、試合前のウォーミングアップでは元チームメイトとの再会も果たしていたようです。




試合のハイライトはこちらです。






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ