【動画】大迫、半端ない2戦連発今季6点目!1ゴール1アシストの活躍で田坂のボーフムとの日本人対決を制す

5月4日に行われたブンデスリーガ2部の第33節、日本代表FW大迫勇也の1860ミュンヘンがMF田坂祐介のボーフムと対戦し、大迫の1ゴール1アシストの活躍により1860ミュンヘンが2-0で勝利しています。大迫は今季6ゴール目となりました。


スポンサードリンク






※試合詳細は省略します。サッカーキングの記事よりどうぞ。




試合結果: 1860ミュンヘン 2 – 0 ボーフム

得点者:

前半31分 大迫勇也[1860ミュンヘン]
後半45分 ベンヤミン・ラウト[1860ミュンヘン]



試合ハイライト




やっぱ大迫半端ない!!


日本代表候補の大迫勇也がまたまた決めてくれましたね!まあゴール自体はごっつぁんでしたが、得点に対するポジショニングの良さが出たんじゃないでしょうか。

ストライカーは水物で、いくら活躍しても点を取れなかったらダメだし、逆にいくら外しても決めればいいんです。だからこうして順調にゴールを量産しているのは素晴らしい!ちゃっかりアシストもしてるしね(*゚∀゚)っ

これで2試合連続の今シーズン6点目前節にも得点した後に「まだまだです」と謙虚なコメントをしていましたが、5月12日に迫ったブラジルW杯のメンバー発表に向けまたまたいいアピールになりましたね。

しかしJリーグで好調な大久保、豊田、原口や先日リーグ戦今季初ゴールの柿谷に加え大迫もとなると、日本代表のFW陣は激戦区やでぇ( ゚∀゚)

大迫のタッチ集はこちら。







スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ