【動画】森本越え!FC東京U-23MF久保健英、スーパーゴールでJリーグ最年少得点記録を更新!

明治安田生命J3リーグ第5節、セレッソ大阪U-23vsFC東京U-23の試合でFC東京U-23のMF久保健英がゴールを挙げ、Jリーグ最年少得点記録を更新しました。



スポンサードリンク







セレッソ大阪U-23との試合に先発出場した久保は前半38分、相手陣地の左サイドで単独突破を試みると、相手DF3人が囲みにかかるも上手く体を使いながらドリブルでエリア内に侵入。角度のない位置から思い切り左足を振り抜きます。






圧巻のスーパーゴール!



このゴールで2004年に森本貴幸が記録した15歳11カ月28日を塗り替え、「15歳10カ月11日」でのJリーグ最年少記録を更新しました。




体格で勝る年上のプロ選手相手に圧巻のドリブルとこの思い切りの良い強烈なシュート。日本サッカーの未来を背負って立つであろう若き才能がその実力を見せつけたのでした。


このゴールが決勝点となり試合は1-0でFC東京U-23が勝利しています。




試合ハイライト





スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ