【動画】やっちまった…鹿島GK曽ヶ端、悔しすぎるキャッチミスから決勝点を献上

J1リーグ第12節、ホームで年間順位1位の浦和レッズを迎えた鹿島アントラーズ。



この試合で鹿島のGK曽ヶ端準が痛恨のキャッチミスから失点してしまうシーンがありました。


スポンサードリンク








前半3分に幸先よくMF遠藤康のゴールで先制した鹿島でしたが、直後の6分にすぐさま同点を許して1-1。そのままスコアは動かず迎えた後半27分、浦和が左サイドから攻め込んだ場面で・・・







中央へのクロスボールをキャッチしようとGK曽ヶ端が前へ出るも、味方DFとかぶってしまったのかこのボールを痛恨のファンブル!


こぼれ球を浦和FW興梠に押し込まれ、手痛い失点を喫してしまいます。


結局、これが決勝点となり鹿島は逆転負け。名手・曽ヶ端にとっては信じがたい、悔やんでも悔やみきれない痛恨のミスとなってしまったのでした。


ゴールハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ