【J小ネタ】首位決戦でも魅せた!浦和GK西川、美しいフィードで攻撃の起点に

11月22日にJリーグディビジョン1の第32節が各地で行われ、首位の浦和レッズは2位のガンバ大阪との天王山に臨みました。



浦和の守護神を務める日本代表GK西川周作はこの試合でもその自慢のキック精度の高さを披露していました。



スポンサードリンク






前半14分、ボールを受けた西川は左サイドの宇賀神友弥へこのロングフィード。





美しい軌道(*゚∀゚)っ



後半から途中出場した先日のホンジュラスとの代表戦でも見られた素晴らしいフィードで攻撃の起点になりました。


本職の守備でもスーパーセーブでチームのピンチをたびたび救った西川でしたが、後半終了間際に交代出場の佐藤晃大と倉田秋に2ゴールを許し万事休す。




勝てば優勝と言う試合を落としてしまった浦和でしたが、試合後にはしっかりと前を向いた西川。




8年ぶりの優勝のためにはもう一つも落とせない試合が続きますヽ(゚ω゚ )



浦和レッズvsガンバ大阪 ゴールハイライト





ロングハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ