【動画】ベッカム並み!モンテディオ山形MF宮阪政樹、クラブ最長60mの超絶ロングFKを決める

9月28日に行われたJリーグディビジョン2第34節、モンテディオ山形vsカマタマーレ讃岐の試合はホームの山形が4‐0と大勝しましたが、山形の3点目となったMF宮阪政樹のゴールがスゴいと話題になっていました。


スポンサードリンク






前半40分、自陣センターサークル付近で山形のFW川西翔太がファウルを受け直接フリーキックを獲得すると、MF宮阪政樹が間髪入れずにリスタート!







ベッカム並みの超絶ロングFKゴール(*゚∀゚)っ



相手GKのポジションが前に出ていたのを見ていた宮阪は思い切ってロングシュートを狙うと、ボールは美しい軌道を描いて見事にネットに吸い込まれました。


あのマンU時代のデイヴィッド・ベッカムの超ロングシュートを思わせるような見事なゴールでした( ゚∀゚)





ちなみにこのゴールはクラブ史上最長ゴールにも認定されているようです(*゚∀゚)っ




試合ハイライト








スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ