【動画】京都サンガが珍FK再び!エリア内間接FKでまたいでまたいで最後はキャノン砲炸裂

本日5月6日に行われたJリーグディビジョン2第12節の横浜FCvs京都サンガF.C.の試合で、京都サンガが何とも珍しいトリックFKを決めたと話題になっています。


スポンサードリンク







前半43分に横浜FCのGK渋谷飛翔が6秒以上ボールを保持したため、京都サンガがペナルティエリア内での間接FKを獲得します。

すると、間接FKのためエリア内に壁を作る横浜FCの選手たちの目の前で、京都サンガの選手たちが6人、行列を作るように並ぶと・・・





4人がまたいでまたいで最後は石櫃洋祐のドッカン!!



これは面白い!(*゚∀゚)っ

実は今年3月のアビスパ福岡戦でも京都サンガはこの「珍FK」を試していたようです。




前回は失敗していましたが、今回は見事にゴールに結びつけたサンガ。試合も2-0で勝利しています。

試合ハイライト






今後もサンガのトリックプレーに注目ですなヽ(゚ω゚ )




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ