【動画】お粗末ハンドでPK献上も…FWマルシャル、汚名返上のダイビングヘッド同点弾!

UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節、マンチェスター・ユナイテッドは敵地でCSKAモスクワと対戦。


この試合で19歳のフランス代表FWアントニー・マルシャルが汚名返上の同点ゴールを奪いました。



スポンサードリンク







先発出場したマルシャルは前半14分、CSKAモスクワのDFマリオ・フェルナンデスがペナルティエリアに侵入した際にディフェンスに入ります。が、フェルナンデスがボールを浮かせてかわしにかかったところでマルシャルが手で触れてしまい、軽率なプレーでPKを献上してしまいます。





ファン・ハール監督も試合後に「馬鹿げた」と称したお粗末なプレーによって与えたPKは、一度はエレメンコのキックをGKダビド・デ・ヘアがセーブするもののFWセイドゥ・ドゥンビアに押し込まれ、CSKAモスクワに先制を許してしまいます。



しかしこれで黙っていないのが”大器”マルシャルでした。後半20分、右サイドを駆け上がったDFアントニオ・バレンシアのクロスに反応すると・・・








低いボールにダイビングヘッドで飛び込む!


ヘディングシュートは左のポストを叩いて見事にネットに吸い込まれ、”汚名返上”の同点ゴールを奪ったのでした。





結局試合はこのまま1-1で終了。なお、マルシャルはユナイテッド加入後9試合で5ゴールの活躍を見せており、あのクリスティアーノ・ロナウドは5ゴールするまでに39試合かかったというデータもあるようです。




試合ハイライト








スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ