【動画】まさに執念!イブラが一発退場のPSG、10人で2度も追いつきAG差でチェルシー撃破!

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグ、チェルシーがホームでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。延長戦にもつれ込んだ試合は2-2の引き分けで終了し、2戦合計3-3で並びましたがアウェーゴール数で上回ったPSGが準々決勝進出を決めています。



スポンサードリンク







試合結果: 

チェルシー 2 – 2 PSG


得点者: 

後半36分 ギャリー・ケーヒル[チェルシー]
後半41分 ダビド・ルイス[PSG]
延長前半6分 エデン・アザール(PK)[チェルシー]
延長後半9分 チアゴ・シウヴァ[PSG]

退場: 

前半31分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ[PSG]





試合ハイライト




ロングハイライト






延長120分の死闘を制したのは執念で2度のビハインドを追いついた10人のPSG!



とんでもなく壮絶な死闘となりました。


まず試合の流れを大きく変えたのが前半31分のプレー。ズラタン・イブラヒモヴィッチがこぼれ球をオスカルと競り合った際に危険なタックルを見舞い、一発退場処分を言い渡されます。


イブラヒモヴィッチ 退場








前半の時点で10人となったPSGは、前半終了間際にドリブルでペナルティエリアに侵入したジエゴ・コスタが倒れたものの主審の笛は鳴らず、PKを免れ前半をスコアレスで折り返します。


すると少ないチャンスでゴールに迫るPSGは後半13分、ハビエル・パストーレのスルーパスに抜け出したエディンソン・カバーニが絶好機を迎えます。





GKティボ・クルトワをかわしてシュートを放ったものの、ボールは左ポストを叩いて枠の外へ。


そして均衡が破れたのが後半36分。セットプレーのチャンスでジエゴ・コスタがシュートを放つと、当たり損ねたこぼれ球をギャリー・ケーヒルが蹴り込んでついにチェルシーが先制します。





しかし喜びもつかの間、直後の後半41分にPSGが右サイドのコーナーキックを得ると、エセキエル・ラベッシのボールをダビド・ルイスがヘディングで叩き込み土壇場で同点に追いつきます。ダビド・ルイスは古巣のホームで貴重な同点ゴールを挙げ、思わず喜びを爆発させました。


</div>



1-1のまま90分が終了、2戦合計スコアで2-2となり、アウェーゴール数でも並んだため延長戦に突入します。すると延長前半6分、ペナルティエリア内でチアゴ・シウヴァがハンドのファールを犯し、チェルシーがPKを獲得。これをエデン・アザールが落ち着いて決めて再びチェルシーが勝ち越します。






絶体絶命に追い詰められたPSGでしたが、まだ執念は潰えていませんでした。延長後半9分、左サイドからのコーナーキックに合わせたのはチアゴ・シウヴァ!





不用意なハンドで勝ち越しとなるPKを与えていたチアゴ・シウヴァが起死回生の同点ヘッドを叩き込み、2-2に追いついたPSG。試合はこのまま終了し、アウェーゴール数で上回ったPSGが準々決勝進出を決めています。






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ