【動画】シティを圧倒したバルセロナの2分以上にわたるボールポゼッション

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・シティとのファーストレグに2-1と先勝したバルセロナ。


この試合でバルセロナがプレミアリーグ王者相手に見せた、2分以上にわたるボールポゼッションが話題になっています。




スポンサードリンク







それがこちら。




無駄にリスクを冒すことなく、正確なパスを次々に繋いでシティDFの穴を伺い続けるボール回しはまさにバルサ流ティキ・タカの真骨頂!うかつにボールに飛び込んではかわされるため、プレミア王者のシティ守備陣もどこでボールを奪いに行くかの判断をしかねている様子でひたすらバルサのボール回しについていくばかり。これだけ守備で走らされたら辛い・・・


最後はラキティッチのヘディングシュートがGKハートの正面でキャッチされたものの、しっかりとシュートまで持ち込んだバルサ。この試合のボールポゼッション62%という数字が示す通り、さすがのボール回しを見せてくれたのでした。





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ