【動画】ローマ主将トッティ、豪快な同点ボレー弾後に”自撮り”パフォーマンスを披露!

セリエA第18節、スタディオ・オリンピコで行われたASローマとラツィオの”デルビー・デッラ・カピターレ(英語でローマ・ダービー)”は2-2の痛み分けに終わりました。


この日の主役に躍り出たのは、2ゴールを挙げて同点に持ち込んだ38歳のローマの主将、フランチェスコ・トッティ。




後半19分に決めた同点ゴールの直後には、斬新すぎる“自撮り”ゴールパフォーマンスも披露しました。


スポンサードリンク






ラツィオに2点を先行されたものの、後半開始のトッティのゴールで1点差に追いついたローマ。そして迎えた後半19分、またもトッティが左サイドからのクロスをアクロバティックなボレーで合わせ、同点ゴールを挙げます。





するとゴール直後にゴール裏スタンドへ駆け寄っていったトッティは・・・








最先端の”自撮り”パフォを披露(*゚∀゚)っ



何とトッティはスタッフから携帯電話(iPhone?)を受け取ると、スタンドのファンたちをバックに自らにカメラを向けてパシャリ!この頃流行の”Selfie”、いわゆる「自撮り」で同点ゴラッソを祝ったのでした。





お茶目な一面を見せてくれたトッティですが、これがイエローカードや処分の対象にならないかどうかはちょっと疑問・・・w


試合ハイライト







スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ