【動画】ミラン本田、PK獲得で6試合ぶり勝利に貢献したウディネーゼ戦のプレーを振り返る(タッチ集)

11月30日にセリエA第13節が行われ、ACミランがウディネーゼと対戦。試合はジェレミー・メネスの2ゴールでミランが2-0と勝利し、6試合ぶりの勝ち星を挙げました。




この試合で先発復帰を果たした日本代表FW本田圭佑は後半35分までプレーし、先制点となったPKを獲得するなど勝利に貢献しています。



スポンサードリンク






本田圭佑タッチ集




前節のミラノダービーでは先発を外れた本田は、今節のウディネーゼ戦では先発に復帰。後半18分にペナルティエリア内で相手DFに倒されてPKを獲得し、これをジェレミー・メネスが決めてミランに先制点をもたらしました。








自分で得たPKを蹴らなかったのはちょっとらしくない気もしましたが、チャンスを何度も迎えた本田は試合後に「今日の前半はたぶん今季で一番よかったのではないか」と語るなど、本人の中では手ごたえを感じていたようです。



6試合連続ノーゴールに終わったものの、コンディションは悪くないようですし、次節以降はゴールを期待!


しかしメネスの2点目はワールドクラスでした(`・ω・´)


ACミランvsウディネーゼ ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ