【動画】プレミアで珍事再び!元マンUのサンダーランドDFブラウン、主審の”人違い”で退場処分に

プレミアリーグ第27節、マンチェスター・ユナイテッドはホームでサンダーランドと対戦。前半こそ攻めあぐね無得点に終わったものの、後半のウェイン・ルーニーのPKを含む2ゴールの活躍で2-0と勝利し暫定3位に浮上しています。



この試合の後半途中、元イングランド代表DFウェズ・ブラウンが”人違い”で退場処分を受ける珍事が起き話題になっています。





スポンサードリンク







問題とされているのは後半19分、ペナルティエリア内でユナイテッドのFWラダメル・ファルカオが倒されたシーン。それがこちら。








映像ではファルカオはオシェイに倒されているように確認できますが、このプレーに対してロジャー・イースト主審の判定はウェズ・ブラウンへのレッドカード。まさかの人違いでの退場劇に、当のブラウンも驚きを隠せない表情。






サッカーキングの記事によれば、イングランド審判協会は「審判の位置からは、ブラウンとオシェイの2人がファルカオに接触したように見えただろう。ブラウンが、シュートを放とうとしているファルカオをファールで止めたため、主審は退場を命じたと考えられる」との声明を発表し、イースト主審の判定を擁護しているようです。でもこれは明らかに誤審・・・(´・ω・`)



“人違いでの退場劇”と言えば、思い出されるのは昨シーズン、アーセナルのDFキーラン・ギブスがMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンと間違えられて退場処分を喰らったあの事件。






何とも珍しい判定ミスが2シーズン続けて起きることになってしまいました。

追記



イングランドサッカー協会は、2日に開かれた規律委員会でこの件について話し合い、「不当なジャッジであり、同選手の1試合出場停止処分を撤回する」とブラウンの出場停止処分の取り消しを発表したようです。




試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ