【小ネタ】リヴァプールDFシュクルテル、今季唯一トップ4全てからゴールし新記録達成!ただし…

今シーズン、ブレンダン・ロジャーズ監督のパス&ムーヴのスタイルを見事に体現し、リーグ戦101ゴールを挙げ、最後の最後までタイトル争いを繰り広げたリヴァプール。そのリヴァプールの最終ラインをシーズンにわたって統率したのがスロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテルでした。


そんなシュクルテルは本業の守備だけでなく、攻撃面でも大活躍。今シーズンのプレミアでDFでは最多となる7ゴールをマークしています。


そんな攻守に大活躍のシーズンを送ったシュクルテルですが、実はとんでもない記録を達成してしまっておりました。


スポンサードリンク






シュクルテルが今シーズン打ち立てた記録。それは何と、2013-14シーズンのプレミアリーグで唯一、トップ4全てのチームから得点を奪っていたという素晴らしい記録!



しかし、ちょっと待ってください。トップ4には、シュクルテルが所属するリヴァプールが含まれています。


と、いうことは・・・?






そう、つまり、シティ、アーセナル、チェルシーからゴールを奪っていた一方で、オウンゴールでリヴァプールからも4ゴールしてしまっていたのです・・・

ちなみにこれはプレミア新記録なんだとかw(ノ∀`)アチャー



いくらゴール量産してるからって自分のゴールに4回も入れちゃアカン(゚д゚)!



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ