【小ネタ】ライアン・ギグスがリヴァプールの優勝を待ち続けた結果…(動画もあり)

今シーズンのプレミアリーグで優勝争いを演じている首位のリヴァプールですが、そのリヴァプールが最後に優勝してからどれだけ月日が経ったのがが分かる画像が話題になっていました。


スポンサードリンク





それがこちら。



ギグスの老けっぷりが実に如実にリヴァプールがリーグ優勝を果たせなかった期間の長さを物語っています(´・ω・`)

マンチェスター・ユナイテッドで選手兼任暫定監督を務めているライアン・ギグスですが、実は1990年11月にプロ契約を結び、リーグデビューを飾ったのが1991年の3月。当時ギグスが17歳の時でした。

奇しくもリヴァプールが最後にリーグ優勝を果たしたのがその前年となる1989-90シーズン

それから約24年もの間リーグタイトルから遠ざかっていたリヴァプールですが、その間にギグスはプレミアで1000試合以上に出場し、さらにキャリア通算の181ゴールを挙げ、チームとしては12度のプレミアリーグ優勝、4度のFAカップ優勝、3度のリーグカップ優勝、2度のチャンピオンズリーグ優勝を経験。



果たして残り2試合でリヴァプールが24年ぶりの優勝を飾ることが出来るのでしょうかヽ(゚ω゚ )




にしても24年以上もトップレベルでプレーしてるギグス半端ないっす(゚д゚)!







スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ