【動画】ボクシング映像が報じられたルーニー、ファインゴール決めて”KOパフォーマンス”披露

プレミアリーグ第29節、ホームでのトッテナム・ホットスパー戦に3-0で快勝したマンチェスター・ユナイテッド。この試合の3点目を決めたFWウェイン・ルーニーのゴールパフォーマンスが話題になっています。





スポンサードリンク







この試合を前に、自宅に招いた現ストーク所属の元ユナイテッドDFフィル・バーズリーとボクシングに興じた際に、見事にノックアウトされたと英紙『The Sun』に報道されていたルーニー。同電子版のウェブサイトには実際にバーズリーのパンチを喰らって仰向けに倒れ込むルーニーを捉えた映像も公開されていました。





この報道が英国中で駆け巡る中で迎えたトッテナム戦、ルーニーは力強いドリブルでチームの3点目を奪うと・・・










ボクシングのパンチを数回繰り出した直後、仰向けにピッチに倒れ込んだルーニー。報道に蹴りをつけるように「ノックアウト」パフォーマンスを見せたのでした。




なお、バーズリーの妻タニャさんが話題の映像についてコメントしていたようで、「ノックアウトされたふりをしていた」と述べているようです。




15歳ごろまではサッカーとボクシングの両方を本格的に取り組んでいたというルーニーならではのエピソードですが、報道を皮肉るようなパフォーマンスを見せる辺り、さすが英国人と言ったところです。


試合ハイライト








スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ