【小ネタ】エヴァートンのマルティネス監督が今季達成した記録がスゴい…悠々とモイーズ超え

今シーズン初めにマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したデイヴィッド・モイーズの後釜として、エヴァートンの監督に就任したスペイン人指揮官、ロベルト・マルティネス


2009年から4シーズン率いたウィガン・アスレティックでは、就任初年度から残留争いを強いられたものの、3シーズン連続でプレミア残留を果たすと、2012-13シーズンは残念ながら降格の憂き目を見たものの、そのシーズンのFAカップではマンチェスター・シティを破り見事優勝を果たしました。

弱冠40歳の青年指揮官は、監督としての経験はそれほどないものの、今季就任したエヴァートンでもその穏やかな性格と内に秘めた勝利へのこだわりでチームをまとめあげ、運動量を活かした前線からの素早いプレスとショートカウンターという戦術で、アーセナルに次ぐ5位でシーズンを終えています。

そんなマルティネス監督が今シーズン達成した数々の記録がスゴいことになっていました。


スポンサードリンク






マルティネス監督が今シーズンエヴァートンで達成した記録がこちら。



勝ち点72 – クラブ記録
シーズン21勝 – クラブ記録
ホームで勝ち点42 – クラブタイ記録
ホームで38得点 – クラブ記録
リーグ7連勝 – クラブ記録
アウェー3連勝 – クラブタイ記録



これは名将ですわ( ゜д゜)



どうしてもトップ4の陰に隠れてしまいがちでしたが、今シーズンのエヴァートンは38試合で21勝9分け8敗で5位という成績を残し、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドを抑えて見事に来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得しています。

今シーズンのエヴァートンはチェルシーからレンタル移籍で加入したベルギー代表FWロメル・ルカクをはじめ、同じくベルギー代表MFケヴィン・ミララス、今シーズンのプレミアリーグベストイレブンに入った右SBのシェイマス・コールマン、イングランド代表のブラジルW杯メンバーにも入った20歳のロス・バークリー、バルセロナからレンタルで加入した20歳のジェラール・デウロフェウなど、若手が台頭し素晴らしいサッカーを見せてましたが、これも人心掌握術に優れたマルティネスの手腕によるものが大きいでしょうね。



2002年から昨シーズンまで実に11年間もエヴァートンを指揮してきたモイーズの記録を、就任1年目でいとも簡単に塗り替えたマルティネス。これにはモイモイもびっくり?



来シーズンもエヴァートンがどこまでトップ4に食い込めるか注目ですな(*゚∀゚)っ



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ