【動画】モウリーニョが遅延行為したボールボーイを脅していたことが判明「誰かがお前をパンチするぞ」←怖すぎ

3月29日に行われたプレミアリーグ第32節のクリスタル・パレス戦に敗れ首位から陥落したチェルシーのモウリーニョ監督が、遅延行為を行ったボールボーイに脅しのような警告をしていたことが明らかになりました。詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。



スポンサードリンク








記事によれば、同試合でチェルシーの右サイドバックのスペイン代表セサル・アスピリクエタにボールを渡すことを拒否し試合を遅延させたボールボーイに対し、モウリーニョが直接「もし遅延行為を続けるなら、いつか誰かがおまえをパンチする」と話したんだとか。モウさん怖すぎやろ・・・


ちなみにその時の動画を発見したので紹介しておきますヽ(゚ω゚ )








ボールボーイも思わず泣き出しそうな表情・・・(´・ω・`)


勝ちたい気持ちはわかりますが、さすがに「脅し」はやりすぎな気が。もちろん、ボールボーイにもマナーを守ってほしいところですけどね・・・



ちなみに、記事にも紹介されていますが、チェルシーは昨シーズン、スウォンジー戦にて同じようにボールを渡さず試合を遅らせようとしたボールボーイに対してエデン・アザールが蹴りを入れ、退場になったという珍事件もありました。






何かとボールボーイに因縁のあるチェルシーなのでした。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ